手を取りあって

こんばんは、吉田です。

昨日、自宅でテレビ番組『ザ!鉄腕!DASH!!』を見ていたのですが、DASH島神社再建計画のクライマックスということで、屋根に瓦を取り付けたり、梁を柱に取り付けたりしていました。

五十肩で腕が上がらない城島リーダーも映し出されていましたが、素人目にも大変そうに見えました。

極めつけは、舟屋に一時避難していた神様を神社まで運ぶシーン。
元々はトロッコで運ぶ予定だったようですが、錆びていて使えず、300メートルの距離を太陽が照りつける中、4人が汗水を垂らしながら運んでいました。

「これはきついねぇ・・・」とこぼすと

「昔は力を合わせないと出来ない事が沢山あったんだろうねえ」
と妻。

今は便利な世の中ですから、効率よくやる方法はいくらでもあると思います。
しかし、それが出来ない時代には、如何に周りの人と協力してやるかが重要であり、困った時に手を貸してもらえる関係づくりが大事だったのではと考えます。

便利な世の中になると、つい快適なのが当たり前だと思ってしまいますが、「世界は誰かの仕事で出来ている」という某缶コーヒーのコピーにもありますように、誰かに支えられているのは変わらないのだと思います。

だからこそ、どんな時代でも感謝の気持ちとお互い様という謙虚な気持ちは忘れずに持ち続けたいものです。

それでは、また。

ハメハメハ大王

鈴木です。

お久しぶりです。

皆さんは歌えますか?ハメハメハ大王の歌

実は今、当社にはインターンシップで大学生が2名来ています。

その2名に話しの流れで「ハメハメハ大王知ってる?」と尋ねてみたところ

「名前ぐらいは・・・」という反応でした・・・。

「歌は?」

「知りません」

最近は不意打ちのジェネレーションギャップに慣れて来たつもりでしたが

まさかハメハメハ大王が伝わらないとは思いませんでした。

でも、よく考えてみれば

新しい歌は作られるでしょうし、何十年も同じ歌を皆が知っている方が難しいですよね

ちなみに今のタイトルは「南の島のハメハメハ大王」だそうです。

そして、歌に登場するハメハメハ大王はカメハメハ大王の友達という設定とのこと

友達という設定にまたまた驚きの鈴木でした。

夏期休暇について

佐藤です。ご無沙汰しておりました。

連日暑い日が続き、スタミナを消耗しがちですが、皆様は大丈夫でしょうか。

さて、当社も下記の日程で夏期休暇を頂きます。

令和元年8月10日~18日

何卒宜しくお願いします。

恐らく長期休みの人が多いと思いますが、

この時だからこそやりたいことも一杯です。

いつもはこれをやろうとリストを作るのですが、

半分くらいの消化率で終わってしまいます。

今年は達成率100%目指して頑張るぞ!

と、固く心に決めている佐藤でした。

皆さん充実した夏期休暇をお過ごし下さいませ。

夏の日の2019

ご無沙汰してます。吉田です。

ようやく夏らしくなってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

先日、自宅のドアの前にカブトムシのメスがひっくり返って動かなくなっていました。
もう死んでるかと思い触ってみると、まだ生きていました。

せっかくなので3歳の娘に見せてあげようと思いました。

娘に見せると
「あ!カムトムシだ!」
と良いリアクション。
※娘はカブトムシのことをカムトムシと言っています

しかし、しばらく興奮して見ていましたが突然・・・
「カムトムシ、逃がしてあげよう」
と言ってきました。

「逃がしてって言ってきたの?」
と聞くと、
「うん、逃がしてって言ってた」
と娘。
「それなら逃がしてあげよう」
ということで家から出てすぐのところに生えている木の幹に、
カブトムシを放してやりました。

「バイバイ、カムトムシさん!」
と声を掛ける娘の姿を横目で見ながら、
日々成長しているんだなあと感じた、夏の日でした。

おわり。

皆さん、熱中症にはくれぐれも気を付けてださい。

それでは、また。

特盛り!

お久しぶりです!
鈴木です。

突然ですが今回は私の好物を紹介します!

学生時代からかれこれ10年以上これを食べるためだけにお店に通っています。

ヒントは仙台のご当地〇〇

それでは正解は・・・


麻婆焼きそばでした!!!

ちなみにこれは特盛りです

実は10年以上通っていて、最近になって特盛りの存在を知りました。

知っていると思っても、まだまだ知らない事が多いなあと感じ
お腹を満たして帰りました。

それではまた

鈴木

予想外の暑さに・・・

みなさん、ご無沙汰しています。ビジネス教育の佐藤です。

この1週間、5月とは思えない暑さに、唯々ビックリしています。

夏の予行演習と捉えたら良いのでしょうか(笑)。

さて、これだけ暑くなると心配になるのが熱中症。

一方で、寒暖差で体調も崩したりと、体調のコントロールが難しい時期です。

その中体調のコントロールに必要な事は、

改めて基本に立ち返り、食事と睡眠、そして運動です。

食事は、食欲が落ちる傾向にあり、喉の通りの良いものだけを選ぶ可能性があるので、バランス良く。

睡眠は、浅い眠りにならないよう、特に寝付きが悪い人は、寝る前のスマホを辞める。夜に軽い運動をして、適度な疲労感を持たせる工夫を。

運動は、激しい運動では無くとも、汗をかき、充分な水分補給をして、無理の無い程度に。

どうしても暑いとこの3つのバランスが崩れがちになります。

出来るビジネスパーソンは、この3つのバランスを上手に取っています。

是非ともセルフコントロールをしっかりして、充実した日々を送りましょう。

でも、これが難しいんですよね・・・(笑)。

シジュウカラの大家さん

こんにちは、吉田です。

先日某会社のK社長と5月の連休をどう過ごしたかについて話していると、
思いがけない回答が返ってきました。

「スバコ作ったんですよ」
「スバコって、あの鳥の巣になる巣箱ですか?」
「そう、その巣箱」

K社長の話ではご自宅付近にシジュウカラやウグイスがいるそうで、
その鳥たちが住まう巣箱を作ろうと思ったそうです。
スマホの動画でシジュウカラが巣箱から出たり入ったりするところを
見せてもらいましたが、なかなか可愛いもので。

「ずいぶん立派な巣箱ですね」
「少し大きく作りすぎてねえ」
「シジュウカラも広々使えていいんじゃないですか」
「重い木材で作ったから設置するのが大変でさ」
「そうですか。でも重い木材の方が風が吹いても揺れなくていいじゃないですか」
「そうなんですよ」
「長く住みつくものなんですか?」
「そのうち出て行きますよ。でもその後、掃除しておかないといけなくて…」
「何かあるんですか」
「そうしないと新しいシジュウカラが入ってこないんですよ」
「そうなんですか!?
…となりますとシジュウカラにとって社長は大家さんみたいなものですね(笑)」
「まあ、そんなところかな(笑)」

そんな会話をしながら思ったのは、
何か新しいことを始めると、知識が増え、考えることが増え、刺激が増えるということです。
他人に話すことで会話が広がり、聞いた相手も刺激を受け、
何か新しいことを始めようと考えるきっかけになるかもしれません。

最近生活にハリがない、マンネリ化している、刺激がないという方は、
ずっとやりたいと思っていながら出来なかったことに挑戦してみたり、
最近新しく始めたことはないか周りの人に聞いてみるのも良いのではないでしょうか。
小さなきっかけがあなたの生活を、或いは人生を大きく変えるかもしれません。

それでは、また。

GWはキャンプ

鈴木です。

皆さんはどのようなGWを過ごしたでしょうか?

私はこの連休中、友人から誘われてキャンプをしてきました。
子どもも大人もわいわいとしながら昼間は遊び、
夜はたき火を囲んで語り合い、そして翌日は大雨の中テントを畳む・・・

山あり谷ありの非常にキャンプらしいキャンプを楽しみました。

しかしながらこのキャンプ、実施が決まったのはたったの一週間前だったのです。

3ヶ月以上前にキャンプの企画は立っていたものの、
誰もキャンプ場の予約をしていなかったため
急遽様々なキャンプ場に電話をしまくりました。

思いつく限り全てのキャンプ場にかけましたが全て予約が埋まっており、
正直私はもう良いのではないかと思い、キャンプは中止しようと
友人に何度も言いました。

しかし!友人は諦めません。

最初にかけた1番希望のキャンプ場にもう一度かけてみたところ
なんと、キャンセルが出たために予約が取れました!

友人の諦めない姿勢に感謝しても仕切れません。
お陰で有意義なGWを過ごすことができました!

やはり、簡単に諦めてはいけません!!!

鈴木


新入社員研修真っ只中

みなさんご無沙汰していました。佐藤です。

さて、当社も新人研修の時期となり、各講師が北へ南へと飛んでいます。

私も新人研修を担当して~十年、少しずつ、世代間ギャップを感じています。

特に感じるのは、「働き方」に関するところでしょうか・・・。

働くという事に対して、これまで以上に希薄な感じがします。

そのためか、皆を見てると、

よし、頑張って行こうとか、お金を稼ごうという感じが、正直見えません。

ただ時間を切り売りしているかのようにさえも感じてしまう人もいます。

だからこそ、当社のような意識を変える研修が、ますます必要なのでは無いかと感じている昨今です。

当社も今月は新人研修真っ盛りですので、是非とも働く事に対して、

夢や希望、やりがいを持つ事の出来る社員に育てたいと思っております。

私も全力で、頑張ります。

以上、現場の佐藤でした!

来る、きっと来る

こんばんは、吉田です。

先日、部屋で眠っていると、眠っているのに目覚めたような不思議な感覚になりまして、

真夜中ですから普通なら部屋は真っ暗で見えないはずなんです。

ですが、見慣れた部屋の壁やふすまがぼんやりと青っぽく見えるんです。

おかしいなあ、この部屋は月明かりが入らないから見えるわけがないんだけどなあ

と思いながらしばらくまどろんでいると、

ガチッ!

と急に体が動かなくなったんです。

何か妙な気配を感じながら、嫌だな、嫌だなと思いながら、

この状態から抜け出したいと思いながら部屋を見渡しました。

すると何か入り口の方にぼやっと黒いものが見えるんです。

何だろうと思って確認しようとするのですが、

寝起きでメガネもしていないのでよく見えないんです。

目をこらして見ようとした瞬間に、ハッとしました。

これは見てはいけないものなのではと思い目を反らそうとしたのですが、

今度は目を反らせないんです。

そこでようやく自分は金縛りにあっているんだと思いまして、

嫌だな、嫌だなと、体に力を入れるんですが動かないんです。

叫ぼうと思っても声を出す事も出来ず、

う~ う~ と頭の中で唸りながら、恐らく数分程度時間が過ぎました。

少しずつ目が慣れて来て、黒いものに焦点が合ってくると、

焦点が合うか合わないかというタイミングで、

黒いものが消えて無くなり、金縛りも解けました。

あれは何だったんだと思いながら、気付いたら眠っていたようです。

話では聞いていましたが、実際金縛りにあってみると恐いもんですね。

それで何か来たのか?という事なんですが、

やがて、

朝が来ました。

おあとがよろしいようで。

それではまた。