憂鬱兄弟

ご無沙汰しております。吉田です。

毎日新型コロナウイルスの話題ばかりですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

コロナウイルスの影響で、
お仕事をしている方だけに限らず、
ご年配の方や学生の方、子供たちまで
ほぼ全ての方がさまざまな被害を受けているのではないかと
思います。
心中お察しします。

毎日何人がコロナウイルスに感染したかは報道されますが、
何人回復したのかは報道されないものですから、
徐々に追い詰められていくような気持ちになり憂鬱です。

憂鬱と言えば、先日知人の勧めで映画「ブルース・ブラザーズ」を見ました。

1980年の映画で、内容は生まれ育った孤児院のピンチを救うため、ブルースブラザーズの2人が仲間を集めてバンドを結成し、奮闘するミュージカルコメディです。

ジェイムス・ブラウンやレイ・チャールズ、アレサ・フランクリン等音楽界の大御所に加え、レイア姫ことキャリー・フィッシャーも出演するなど贅沢なキャストとなっています。

映画を見ていて思ったのは、
世の中、
付き合わせる人、
付き合わされる人、
巻き込まれる人、
で成り立っているということです。

何かを始めようとする発起人、
それに誘われる人、便乗する人、
全く意図しないところで巻き込まれ被害を被る人、

客観的に見ていて思うのは、
一番楽しめるのは発起人、
得するのも発起人、
後悔しないのも発起人。

一番損をするのは巻き込まれる人…
なのではないかと私は思います。

願わくば巻き込まれる人にはなりたくありませんが、
願わずとも巻き込まれる人になる可能性もあります。
今回のコロナウイルスのように。

しかし、コロナウイルスに巻き込まれ、振り回され、
落ち込んで、暗くなって、塞ぎ込むというのは
私の性に合わないんですね。

コロナウイルスで人生をダメにしたと思ったら
癪に障りますよね。

コロナウイルスにかかわらず
誰かのせい、何かのせいで
不快になったり、自分の時間を無駄にしたり
自分の人生をダメにしたら
癪に障りませんか?

私は嫌なんですよ。

だから、変わらないものは変わらない
動かないものは動かないと、前向きに諦め
自分の考え方を変えることに全力を尽くします。

コロナウイルス、自分の力では何ともなりません。
でもその中でも自分らしさを失わず、
悔いなく生きるためには,
自ら「こうしよう」「ああしよう」と
能動的に動いて発起人になることだと思うのです。

発起人ですから人を付き合わせても良いですし
自分だけの発起人でも良いと思います。

発起人になろうと思えば誰でもなれます。
それは、自分から行動を起こせばいいだけです。
能動的でいくか、それとも、受動的いくか
その違いで得られるものが変わるなら
私は楽しめる、得する、後悔しない人生を送りたい。

毎日コロナウイルスの話題で飽き飽きですが、
このような時だからこそ、
自分のやりたいこと
やってみたいこと
自分が望む理想の姿について考え、

それを実現するために自己投資(お勉強)していくと良いと思います。

人によっては逆にこうはなりたくない、

こういう姿は嫌だ等をイメージし

そうならないためにどうするかを考えてみるのも良いと思います。

ということで皆さん

「コロナに負けるな!」

を合い言葉に頑張っていきましょう。

それでは、また。

正しい情報を!

鈴木です!
大分前回の更新から間が空いてしまいました・・・。

新型コロナウイルスが世界的にも広がりを見せるとともに
経済面での影響が非常に大きくなってきています。

また、様々な情報が飛び交う中でフェイクニュース、俗に言うデマも多く、振り回されてしまうこともあるようです。

フェイクニュースと言えば、東日本大震災の時もありました。

あのときは情報源が限られる中であっても、多くの不確かな情報がありました。

個人が容易に情報を発信し、様々な情報が入り乱れているからこそ、
情報を正しく見る力や信用できる情報か否かを判断する力が
必要であると感じます。

先日、とある番組でフェイクニュースの見極め方に関する授業が紹介されていました。

その番組を見て感じたことは、情報を鵜呑みにするのではなく
・信用できる発信源か
・他のニュースではどのように報じているか
・そもそも怪しいところはないか
以上の3点を自分で判断しなければいけないと言うことです。

大変な状況だからこそ、情報の重要性が高まります。

一刻も早く日常を取り戻すためにも
正しい情報を見極めて行動していきましょう!

鈴木

見上げてごらん

皆さん、こんにちは。佐藤です。

早いもので2月も中旬になりました。

今年の冬は暖かかったり冷え込んだりと、気温が乱高下していますので

くれぐれもご自愛ください。

さて、話は変わりますが、先日ふと空を見上げてみると、

大変綺麗な冬の大三角形がはっきり見えました。

しばし見上げてみて、今見えている光が、実は何光年もかかってたどり着いたのかを考えてみると、改めて宇宙の大きさを感じずにはいられませんでした。

一方で空をずっと見ていると、自分の悩みはいかに小さいか・・・。

見上げているうちに、自分の悩みが解消されていました。

もし悩んでいたり、行き詰まったときは、視点を上げて空を見るのをお勧めします。

悩んでいるときというのは、背筋が丸まっていたり、目線が下に行きがちだと思います。

だからこそ、視点を上げて、前を向いたり、斜め上を見てみることです。

そうすることによって、新たな視点も見えてきて、問題や悩みが解決することも出てくるでしょう。どうぞ試してみて下さい。

私の悩み解決法が、少しでも役立てば幸いです。

それでは、また。

佐藤

世界に一つだけの花

こんばんは、吉田です。

早いもので2月になりました。
それにしても今シーズンは雪が降りませんね。
各地では雪のイベントが縮小、延期、中止等
運営側の方も苦労されていることと思います。

先日山形のお客様のところにお邪魔した際には、
サクランボの花が予想以上に早く開花するのではと気にされ、
農作物への影響も不安視されていました。

いつも「ある」ものが「ない」というのは
大変なことだと改めて感じました。

「一寸先は闇」という言葉もありますが、
常に先を予測し対策を立てていくことが
必要だと感じます。

話は変わりますが、
先日父親の70歳を祝う会を兄弟家族と行いました。
私は司会担当ということで実施内容を考えつつ
事前に兄と次第の順番等打ち合わせし、当日に臨みました。

会場はお寿司屋さんでしたが、会の前に記念撮影を行い、
食事が揃うまで少し待っていました。

その後子供たちがお絵かきに夢中になってしまい、
飲み物が来てもお構いなし。

開会するタイミングを逸していると
兄からそろそろ始めたらと催促され開会しましたが、
大人たちは子供たちに気を取られ、気もそぞろ。

事前に次第は決めてありましたが、
司会なんてものは会が盛り上がればいいだろうと割り切り、
まずはしばしご歓談としました。

その後、飲むものを飲み、食べるものを食べたところで、
いよいよ司会の出番と思い、父親の半生を紹介。
楽しんでもらったところで、
一人ひとりからお祝いの言葉をもらいました。

そこで嬉しいサプライズがありました。
突然4歳の娘が「世界に一つだけの花」を
振付けありで歌い始めたのです。
幼稚園で練習していたようで、
大きな声で元気に歌っていました。
親バカながら気が利く娘だと感心しました。

色々と想定外はありましたが、
父親には喜んでもらえたようでほっとしました。

どんな場面でも予想外・想定外はあると思います。
その時、その状況とどう向き合うか、
目的は何か、皆にとって一番良い選択とは何か等を
常に考えることが大事だと思う今日この頃です。

それでは、また。

やっぱり大作戦

鈴木です。

令和2年、子年となりました!
改めて本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、皆さんは年末年始どのように過ごされたでしょうか?

私は例年通り、箱根駅伝を見て過ごしていました。

駅伝については完全に素人でミーハーな私が今年注目していたのは青山学院!
青学が2年ぶりに総合優勝出来るかという点に注目していました。

結果は見事往路と総合で優勝!

昨年優勝を逃した際には、メディアへの露出が多く
監督業を疎かにしているのでは無いかという意見もありましたが
今回の優勝で原監督の手腕が「やっぱり」本物だと感服しました。

原監督と言えば自主性を重んじる支援型のリーダーシップに定評がありますが、
駅伝後の原監督に関する記事を見てみると
今回はトップダウンで専制的リーダーシップを取り導いてきたそうです。

年代に合わせて指導法を変えてきた原監督ですが
結果を残してきたこれまでのスタイルを以前のスタイルに戻すという決断は
容易ではなかったはずです。
その中で大胆な決断を行い優勝へ導いた原監督と
その指導についていき、新記録で優勝した青学のメンバーは
「やっぱり」強いなと思いました。

我々も「やっぱりビジネス教育に派遣すると社員が成長するよ」
と言ってもらえるよう、1年間頑張って参ります。

本年も宜しくお願い致します。

鈴木

年末年始休暇のお知らせ

皆さん、ご無沙汰しています。佐藤です。

早いもので、今年も本日を入れてあと6日となりました。

月日が経つのはあっという間だなと、歳を重ねる毎に痛感します。

さて、当社年末年始休暇ですが

令和元年12月28日~令和2年1月5日

迄となっております。何卒宜しくお願いします。

帰省される人、迎え入れる人、仕事の人等それぞれですが、

何よりも体調管理をしっかり行って欲しいと思います。

皆さん、体調に留意し、良いお正月を迎えましょう!

Smile

ご無沙汰しております。吉田です。

11月中旬、会長の三塚亡き後、
新社長の髙谷の音頭で決起集会が行われました。

会の中では会長の三塚の意志を引継ぎ、
今後、それぞれがどのように取り組んでいくのか
決意を述べました。

食事の席では、会長の思い出話に花が咲き、
各々参加者の目線で様々なエピソードが披露されました。

以前から知っていることもありましたが、
知らないことも沢山あり、
近くにいながら知っていたのは
ほんの一部に過ぎなかったのだと思いました。

それなのに、教えられたことは沢山あり、
振り返って見るとこんなことも教えられた、
あんなことも教えられたと数え切れないほどです。

しかし、それは口で教わったことよりも
行動や態度、振る舞い、
つまり背中で教わったことが多いというのが驚きです。

特に私は「情」というものについて学ばされ、考えさせられ
教えられたと思います。

会長は厳しい人でしたが、
他人よりも人一倍自分に厳しく、
そして情に厚い人でした。

今、会長の笑顔の写真が手元にありますが、
その屈託のない笑顔を見ていると、
「大丈夫だよ」と励まされているような気がします。

 

 

『Smile』

笑ってごらん 心が痛んでいても
笑ってごらん 心が折れてしまっても
あの空に雲があれば 君はきっと生きていける

怖れや哀しみを乗り越えて 笑ってくれるなら
たぶん明日は 笑いながら
君のためにキラキラ輝きながら現れる 太陽と出会うだろう

喜びで顔を照らしてごらん
悲しみの跡を 全部 隠してごらん
いつもすぐそばに 一粒の涙があるかもしれないけど

努力しなきゃいけない時だ
笑ってごらん 泣いていて何になるんだ?
人生にはまだ価値があるって分かるさ 君が笑ってさえいれば

 

 

ナットキングコールのSmileを聴くと
あたたかい気持ちになります。

それでは、また。

無題

弊社会長 三塚 信二が9月17日に70歳で永眠致しました
11月3日には四十九日の法要を滞りなく終える事が出来ました

突然の訃報に驚かせてしまった方々には大変恐縮でしたが
弱っている姿を見せたくないという
三塚たっての希望もあり 連絡が遅くなりました事をご理解下さい

今でも三塚から電話やメールが来るのではないか
厳しくも温かい檄が飛んでくるのではないか
と思う事があり
気持ちの整理が完全についていないというのが正直な所です

しかし

三塚がもしくよくよしている我々を見ていたら
きっと歌うでしょう 「セールスガラス」を

三塚の残してくれた思いを引き継ぎながら
社員一同 より一層頑張って参ります

今後とも よろしくお願い申し上げます

鈴木

一芸に秀でる

みなさん、こんにちは。

ビジネス教育の佐藤です。

早くも11月になり、寒さが日毎増して来ています。

さて、タイトルですが、みなさん「これぞっ!」っという一芸や特技を持っていますか?

実は先日、NHKののど自慢に、小学校時代のクラスメイトが出場し、

見事鐘3つで合格となりました。

その映像を見た時、思わず「すごいなあ」とつぶやいてしまいました。

振り返って見るとその友人は、小学校時代歌が上手く、水泳も速く、

どちらも下手な私は、「いいなあ」と思って見ていました。

小学校時代は、特技がある人は目立ったりモテるので、尚更羨ましかったです。

でも、改めて考えて見ると、特技だけが人を引きつけるわけではないんですよね。

特技を持っているから、その事が自信になり、人を引きつけるのだろうと思います。

友人の出演を見て、そのように感じました。キラキラ輝いていました。

「私も何か特技を!」、そう思わせられた友人の出演でした。

それでは、また!

手を取りあって

こんばんは、吉田です。

昨日、自宅でテレビ番組『ザ!鉄腕!DASH!!』を見ていたのですが、DASH島神社再建計画のクライマックスということで、屋根に瓦を取り付けたり、梁を柱に取り付けたりしていました。

五十肩で腕が上がらない城島リーダーも映し出されていましたが、素人目にも大変そうに見えました。

極めつけは、舟屋に一時避難していた神様を神社まで運ぶシーン。
元々はトロッコで運ぶ予定だったようですが、錆びていて使えず、300メートルの距離を太陽が照りつける中、4人が汗水を垂らしながら運んでいました。

「これはきついねぇ・・・」とこぼすと

「昔は力を合わせないと出来ない事が沢山あったんだろうねえ」
と妻。

今は便利な世の中ですから、効率よくやる方法はいくらでもあると思います。
しかし、それが出来ない時代には、如何に周りの人と協力してやるかが重要であり、困った時に手を貸してもらえる関係づくりが大事だったのではと考えます。

便利な世の中になると、つい快適なのが当たり前だと思ってしまいますが、「世界は誰かの仕事で出来ている」という某缶コーヒーのコピーにもありますように、誰かに支えられているのは変わらないのだと思います。

だからこそ、どんな時代でも感謝の気持ちとお互い様という謙虚な気持ちは忘れずに持ち続けたいものです。

それでは、また。