成人式

みなさんこんにちは。

ビジネス教育の佐藤です。

新年も月半分を過ぎましたが、改めて今年も宜しくお願いします。

さて、この3連休は成人の日があったことで、多くの場所で成人式が行われました。

ちなみに私の地方は、皆が帰省するお盆に成人式をやるので、いささか冬にやる実感が無いです。

20歳になるという事は、世間から見たら大人の仲間入り。

私も成人した時は、何となく大人の仲間入りをしたなという感じがしました。

しかし振り返って考えてみると、まだまだその時は入り口に立っていただけで、

当時の言動や行動を振り返って見ると、まだまだ幼く、未熟だったなと痛切に感じます。

大人になることには、責任も同時に伴う。その事を知ったのは、ずっと後だったような気がします。

大人になってからこそが勝負であり、もっともっと自分を磨き、勉強する必要があるはずです。

まだまだ自分も未熟。昨日より今日、今日より明日成長出来る自分でありたいなと思います。

その為には日々努力有るのみ。頑張って行きましょう!

 

優しさに包まれたなら

明けましておめでとうございます。吉田です。

2019年、平成最後の年が始まりました。

各テレビ局では今年一年を予想する番組が放映されていますが、

楽しみでもあり、不安でもあります。

それでも生きていかなければならないわけですから、

不安なことがあればその対策を立てておかなくてはなりません。

米中関係が悪化しそのあおりを受けて、不景気になるという話もありますので、

お弁当のおかずを一品減らされたり、夕食のおかずを一品減らされたり、

楽しみな晩酌の回数が減ることもあるかもしれません。

そうなる前に、奥様と如何に平和協定を結ぶか、そこが大事です(笑)

外にだけ目を向けていると、思わぬところで身内から刺されることもあります。

身近な人に優しくし、感謝の気持ちを伝えましょう。

そうすれば、苦しい局面でもお互い笑顔で乗り切れるはずです。

それでは、また。

明けましておめでとうございます

鈴木です

新年明けましておめでとうございます!

30年続いた平成もいよいよ最後の年となりました。
平成31年はどの様な年になるのか・・・

さて、新年の計は元旦にありといいますが、私の元旦は箱根駅伝をテレビで見ることに全てを注いでいると言っても過言ではありません。

今年の箱根駅伝は波乱の連続でした。

・大東文化大が1区でまさかのアクシデント
・たすきリレーのミス
・青山学院大5連覇逃す
・往路優勝東洋大、復路優勝青学大、総合優勝東海大

V3確実とみられていた青山学院ですが、
記録更新のタイムを出したにも関わらず東海大学が更にその上を行くという
非常にレベルの高い大会となり、新年早々熱くなってしまいました。

箱根駅伝だけでなく、今年1年も様々な出来事が起きるかと思いますので
熱く熱く
猪突猛進で突き進んでいきたいと思っています。

いのしし年なだけに!

それでは本年も、ビジネス教育訓練所を宜しくお願い致します。

鈴木

 

年末年始につきまして

ビジネス教育の佐藤です。

今年最後のブログ更新を私が務めます。

さて、当社も

12月29日~1月3日まで年末年始休暇

を頂きます。

新年は1月4日からとなりますので、何卒宜しくお願いします。

ところで、皆さんは今年どれだけ年頭の目標や思いを実現出来たでしょうか?

100%の人もいれば、120%、もしかしたら50%以下の人もいるでしょう。

皆さんそれぞれが自己反省し、そろそろ来年の目標も朧気ながら考えていることでしょう。

私は残念ながら思い描いた目標は、

満足出来るまで達成したことはほとんど有りませんでした。

一方で、目標達成したことに関しては、やはり自信に繋がりました。

 

一年の計は元旦に有りと昔から言われます。

その為にも前年をしっかり反省し、対策を立てて、

万全の態勢で新年を迎える!

そして明くる年は、まさに猪の如く猪突猛進で目標に突っ走っていけるように。

その準備のためにも、今年残り数日を大切に過ごしていきましょう!

それでは皆さん、少し早いですが、良いお年をお迎え下さいませ。

佐藤

 

it’s too late

こんばんは、吉田です。

2018年、今年も残すところわずかとなりました。

今年やろうと思って出来なかったこと、皆さんにはありませんか?

私はあります。

しかし、2018年はもう終わります。

後悔したって、もう遅いんです。

キャロル・キングの「it’s too late」が流れてきそうです。

 

「では何か出来たことはあったか?」

と自分に問いかけて見ると、1つや2つはあるものです。

それが胸を張って言えるならそれで良いじゃないですか。

 

でも、何も思い浮かばないという方は、

今から出来ることを考えてみてはいかがでしょうか。

長年手を付けてなかった部屋を片づける、

数年分の名刺の整理をする、

ビジネス教育訓練所に研修の申込みをする・・・

これなら明日にでも出来ます。

「よし、やろう!」と決めてしまえば、必要なものを整えようと人は動き出します。

しかし、色々なことが整ってからやろうとすると、いつまで経っても始まりません。

研修もそうですが、就職、結婚、家購入、独立、バンジージャンプ・・・etc

長年やろうと思って出来ていないこと皆さんにはありませんか?

いつやるの?今でしょ!

名言は色褪せない。

それでは皆さん良いお年をお迎え下さい。

それでは、また。

行きたくありません!・・・理由は行きたくないからです。

鈴木です。

ちょっと今回は仕事の話です。

ここ数年、研修に出して頂いているお客様からの悩みで比較的多いのが
「対象者が研修に行きたくないって言うんだよね・・・」
と、研修の対象者が参加を拒否して出せないというものです。

以前であれば研修に行ってこいといわれたら参加するのが当たり前でしたが、
情報化社会、人材不足等々、時代の変化によって研修の捉えられ方も変わってきているのかも知れません。

もちろん、人間誰しもが得手不得手、好き嫌いがあるわけですから
嫌だなあと感じるのは仕方が無い事でしょう。

これは研修だけに止まらず、仕事全般やプライベートでもそのように感じる事はあるはずです。

そのような精神的、感情的に負荷が掛かっている時にこそ

しっかりと考えて、自分の気持ちや感情がどこから湧いてくるものなのかを分析する必要があるのでは無いでしょうか。

私はそのように思います。

 

なぜ、自分は指示された事がやりたくないのだろうか

なぜ、自分にそのような事を言ってくるのだろうか

 

考えて見れば自ずと自分がどうするべきなのかが見えてくるはずです。

また、これらの事を考えさせるようにする事も必要になってくるでしょう。

時代に合わせたアプローチの仕方を考える事が一層重要になってきています。

 

鈴木

今年最後の・・・

ご無沙汰しています。佐藤です。

さて、本日より今年最後の定例合宿研修が始まりました。

管理者実践4日間合宿が、今年最後の定例合宿になります。

今回も期待の管理者が揃い、熱い研修が行われています。

12月になり、そろそろ、

「今年最後の」という言葉が枕詞になる時期です。

皆さん、改めて、1月を振り返ってみましょう。

最初に立てた目標は達成されましたか?

今年も残り1ヶ月切りました。

「終わり良ければ全て良し」という言葉にもあるように、

有意義な残り1ヶ月にしましょう!

それにしても、1年ってあっと言う間ですね。

 

 

ナイショの話はあのねのね

ご無沙汰してます。吉田です。

知人から『ザ・シークレット』というDVDが面白いと教えて頂きまして

早速借りて見てみました。

「引き寄せの法則」を主題としたインタビュー形式の映画でしたが、

良い事も悪い事も引き寄せているのは自分であり、

良い事を引き寄せるためにはポジティブな姿勢を保ち、

思考そのものを変える事であると語られています。

DVDを見るとより分かりやすいと思いますが、

普段何気なく使っているネガティブな言葉やネガティブな態度、

ネガティブな思考がネガティブな結果を引き寄せてしまうようです。

実は私も「そこが難しい」と口癖で言ってしまうことがあります。

これはネガティブな表現ですよね。

あるお客様の前で「それは難しいですね」と話したところ、

「難しくないですよ、簡単ですよ」と返されたことをふと思い出しました。

物事を難しくしたり、憂鬱にしたり、怒りを感じたり、ストレスを感じたりするのは、

自分の思考の問題かもしれないと考えさせられました。

大事なのは自分がどうしたいのか、どうなりたいのか、

そのなりたいイメージを明確に持ち、見える化したり、声に出す事。

そうすればそれが現実になるということです。

「〇〇になりたくない」とネガティブではなく。

「〇〇になりたい」とポジティブに考えること。

成功者はこのシークレットを理解し実践しているそうです。

信じるも信じないもあなた次第。

現状思うようにいっていない方は是非実践してみて下さい。

尚、想いが現実化するまでには時間差があるとのことです。

多くの方は実践してみたが全然現実化されないじゃないかと

早々に諦めてしまうとのことです。

あと少しで現実化するという直前で

諦めてしまうので引き寄せることが出来ない、

それはもったいないことです。

念ずれば通ず、石の上にも三年など、という言葉もあります。

思い続けることが大切なんですね。

成功者は実践しています。

あなたはどうしますか?

『ザ・シークレット』ご存じない方は是非DVDをご覧下さい。

それでは、また。

ドラマにはまってます!

鈴木です。

10月から色々と新しいドラマが始まっています。
普段はあまりドラマを見ない私ですが、今とあるドラマにはまっています!

それはずばり、織田裕二さんが出演されている「SUITS/スーツ」!

と、言いたいところですが

第一話を観て面白かった反面、日本のドラマではないのでは?
という疑問が湧きました。

調べてみると元はアメリカで人気のドラマで日本でも人気だったそうです。
ちなみにストーリーは大枠で同じ。

 

日本版は先日第二話が放送されましたが、本家アメリカではシーズン7まで終わっています。

そして我慢出来なくなった私はアメリカ版を現在視聴中というわけです。
まだシーズン1の途中ですが、グイグイ引き込まれる面白さです!

ストーリーもさることながら、台詞回しがかっこいい!
恐らく日本人ではただの嫌味に聞こえてしまうものでもかっこよく感じてしまうから不思議です。

そしてドラマといえどもビジネスの醍醐味がぎゅっと詰まっているので
観ていて仕事への活力が湧いてきます!

 

あくまで最近の私はこのドラマが仕事へのモチベーションにも繋がっていますが
ドラマに興味の無かった私でしたので
何がモチベーションに繋がるのか分からないものだなと思う最近の出来事です。

 

皆さんも自分のモチベーションがどこから生まれてくるのかを考えて見てはいかがでしょうか

もし考えつかない人は是非「SUITS/スーツ」をご覧下さい!

管理者特訓の一コマから

ご無沙汰しています。佐藤です。

さて、今回は表題の通り、管理者特訓の一コマを紹介したいと思います。

今年の7月に、研修会場が秋保温泉から蔵王に移って2回目。

7月とは違い、9月らしい陽気の中研修が行われました。

その中、今回私は・・・

30キロ夜間歩行に同行して参りました!

私も歩行してみて、改めて色々確かめたいという思いから歩行することになりました。

何せ夜間歩行は10数年ぶり、随行とは言えど緊張します。

しかし今回は、隊長や他の面々のチームワーク、取り組みが良かった。

お互い声を掛け、チェックポイントを探す際は、ゲーム的な要素を入れてみたり。

また、怪我をしている人も、先を歩いてる仲間に追いつくために何度も山道を猛ダッシュ。

恐らく30回はダッシュしただろうと思います。

結果としては、何と6時間3分での到着と、ここ20年での最高記録を大幅に更新しました!!

そして、あの歩ききった何とも言えない爽快感は、やはり経験した人にしか分からないものです。言葉には、言い表せないものがあります。

今回久しぶりに体験しましたが、良い経験でした。

そしてその後、管理者コースは全員規定内での修了!

見事の一言でした。

どうかこの経験をそれぞれの職場で活かして欲しいと思います。

それが、担当講師の切なる願いであります!

佐藤