営業マン特訓が終わりました

ご無沙汰していました。佐藤です。
 先日8日をもちまして、今年最後の営業マン特訓が終わりました。

今回もいろいろなドラマがありましたが、
 今回の研修で一番印象に残った事を書きます。

研修5日目、最終日でした。めでたく修了生が出て、
 修了生が晴々とした顔で、修了証明書を受け取ります。

修了した訓練生にとっては涙の晴れ舞台、
 一方、延長になってしまった訓練生にとっては、
  直視したくない現実でもあります。

確かに、延長者にとっては、自分の不甲斐なさ、悔しさ、苛立ち。
 そのような負の感情に心が支配される事は分かります。

しかしながら、修了した人は、やはり同じ釜の飯を食べ、
 苦楽を共にしてきた戦友であり、訓練の一番の理解者だったはず。

その人が修了したのであれば、努力を讃えるためにも、
 悔しい気持ちは一旦グッと胸にしまい、
 心から笑顔で万雷の拍手を送るべきではないでしょうか。

残念ながら、今回の延長者は、ほとんどが顔を上げませんでした。
私はこの光景を見て、延長者の心の在り方について疑問視し、訓練生に怒りをぶつけました。

延長者にあったのは、自分の心のどこかにある、「自分中心」の考え方。
 自分が悔しいから、情けないからで、成功した人を祝えないのでは、
 営業マンとしても失格なのではないでしょうか?

営業でも同じのはずです。自分中心では売れず、常に相手の事を思いやる姿勢や心に、
 お客様は共感し、営業マンを認め、買ってくれるはずです。

今回、この光景を見て、改めて営業マンとしての原点について考えさせられました。

 商売の原点は、信頼と、相手を思う気持ち。
  この事を深く考えさせられた、自分にも実り多く、感慨深い営業マン特訓でした。

 研修生の皆さん!必ず成果をたたき出すよう、講師一同祈ってますからね=!

 

              

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。