相手ファースト

ご機嫌いかがですか、吉田です。

早いもので2017年も2月後半に突入です。

楽しい時間はあっという間に過ぎると言われますが、

もう少しゆっくり時間が流れて欲しい今日この頃です。

さて、昨日・今日と2日連続で専門学校の留学生を対象とした就職講演を行ってきました。

初日は100名弱、2日目は70名弱の留学生が参加して来ましたが、

皆、礼儀正しく元気が良い!

これは専門学校の先生方が熱心に指導されているのだろうと思いましたが、

特に感動したのは1日目の講演の最後の質疑応答です。

1人の男子学生が挙手をし、マイクを握りました。

何を質問されるのかと少し緊張しながら待っていると

なんと、質問ではなく講演の感想と感謝の言葉を述べたのです。

私はこの時「粋だなあ」と思いました。

もちろん質疑応答ですから質問をするのが自然な流れですが、

質問が無いから終わりでは無く、質問は無いけど何か伝えたいという想いが

行動させたのかと思うと何か感じるものがありました。

流暢な日本語ではありませんでしたが、

一所懸命自分の言葉で伝えようとする姿に胸を打たれました。

実はこのようなちょっとした行動が、運命を大きく変えることがあります。

面接試験でもほとんど印象に残らない人、埋もれてしまう人、

早い段階で求めている人と違うかな(雰囲気や人間性)という人もいますが、

些細なことが好印象として残り頭から離れなくなる人もいます。

この違いは何なのだろうか?

それは目の前の人と真摯に向き合う姿勢があるかないかということなのではないでしょうか。

目の前の人との関係や共有する時間を大切にしようという想いが感じられるかどうか

ということなのではないでしょうか。

きっと相手を大事にされる方は、あなた自身も大事にされていると思います。

もし私は大事にされていないと感じる方は、まず身近にいる人を大事にしてみて下さい。

相手ファースト・・・

私セカンド(笑)。

それでは、また。

存在感

大変ご無沙汰しています。

最近沖縄に行きたくて仕方が無い鈴木です。

調べてみるとこの時期はホエールウォッチングがお勧めらしいですね!

なんと、90%の確率で遭遇出来るのだとか・・・。

 

さて、先日までは当社主催の営業マン特訓を開催していました。

私は今回殆ど指導には入らず、1日だけ夜に行うDVD鑑賞の時間を担当しました。

正直訓練生からしてみれば、

DVDのスイッチを押しただけの講師

ですから、恐らく印象は薄いだろうと思っていました。

 

しかし!嬉しい事に、

「修了式の際には鈴木先生にも宜しくお伝え下さい!」

と皆さん言ってくれたようで、このような言葉は講師冥利に尽きます。

 

嬉しい気持ちがある一方で、

改めて、研修講師という仕事は影響力が大きく、気を抜けないと感じる出来事でした。

これからも良い意味で存在感を発揮していきたいと思います。

 

鈴木

連日寒さが続きますね

佐藤です。年明けのブログ以降ご無沙汰しておりました。

そうこうしているうちに、1月も終盤になりました。

そして当社主催の合宿研修も、先日一区切りしました。

さて、今回は寒波到来と共に特訓合宿が始まりました。

従って、連日の朝礼の寒い事。

また、朝6時からですので、視界は真っ暗です。

夜も明けきらない中、寒気と静寂の中響く、訓示の声。

まさに訓練でしか味わえない体験です。

今回の訓練生も、滅多に無い体験に、色々感じる事もあったようです。

今回は連日の寒さに、多くの訓練生が苦しみました。

しかしだからこそ、より鍛えられ、成長します。

今回の経験を活かして頑張って欲しいと思います!

 

 

明けましておめでとうございます

皆さん、明けましておめでとうございます。

佐藤です。本年も宜しくお願いします。

今年も当社のスタッフが、ブログを上げていきますので、楽しみにして下さい。

さて2017年になり、当社も本日から業務始めとなりました。

皆さん良いお正月を過ごしたでしょうか?

お酒をここぞとばかりに飲んだ人、親戚一同来て慌ただしかった人

このお正月にやっとゆっくり出来た人もいるかと思います。

一年の計は元旦にあり、と言われます。

何事も最初が肝心と言います。

「最初が重要だ」という格言が非常に多いです。

皆さん良いスタートダッシュを切る事が出来たでしょうか。

今年の終わりに皆笑顔で、「今年は良かった」と言えるように。

何度も言います。最初が肝心です。

「初め良ければ半ば良し、半ば良ければ終わり良し、終わり良ければ全て良し」

私の好きな格言の一つです。

焦る事なく、しかしロケットスタートで頑張りましょう。

 

 

風になりたい

ご無沙汰してます。吉田です。

先日、旧友に誘われ、宮城県川崎町で行われた

『第4回風の草原リレーマラソン』に参加してきました。

リレーマラソンに出るのは今回で2回目。

前回は少し頑張りすぎたので今回は楽しみながら走ろうと思っていました。

誘ってくれた友人からも「気楽に楽しもう」と言われたためそのつもりでした。

しかし、いざ始まってみると第一走者から全力でダッシュ!

「速っ!」の声が会場のいたるところで上がりました。

こうなると楽しみながら走る等という考えは消え失せ、

チームのために!

足を引っ張ってはいけない!

チームに貢献したい!

という思いがフツフツとわき上がってくるから怖いものです。

1周、1キロちょっとをほぼ全力疾走。

私は4回走り、なんとか1周あたり4分台で走りました。

結果は10人で走り、42.195キロを2時間50分台で走りきることが出来ました。

結論、リレーマラソンは結局手を抜くことが出来ないということ(笑)

逆に考えれば、チームのために、誰かのためにと思うと、

普段より大きな力を発揮できるということです。

是非、皆さんも職場の仲間とリレーマラソンに参加してみて下さい。

思った以上に盛り上がると思います。

それでは、また。

感謝

ビジネス教育の佐藤です。

間もなく11月がやってきます。そして今年もそれと共に残り2ヶ月となります。

年齢を重ねる毎に、季節の移り変わりが早く感じます。

さて、当社鈴木が前回のブログで告知させて頂きましたが、

当社代表の三塚が、先月末に本を初出版しました。

多くの皆様に早速ご注文頂きまして、誠にありがとうございました。

この場を借りまして、改めて御礼申し上げます。

本の作成ですが、私も出版社とのやりとりを相当行いました。

一冊刊行するのに、正直これだけ掛かるのかと正直思ったものです。

実は大学時代、卒業研究で「書店の形成戦略」と言うことで論文を作成しました。

その中で、出版社事情や業界の慣例等、ある程度は勉強したつもりでした。

しかしいざ自分が調整役をやってみると、「こんな事もあるのか!?」の連続。

改めて、知識と実体験は違うということを感じました。

私達も常に申し上げていますが、ビジネスの世界は分かっているだけではダメ。

出来なければ、結果を出せなければ、いくら知っていても出来ないことと同じである。

今回の出版に関するやりとりで痛感しました。

そのような難産の中産まれた、社員達それぞれの想いもこもった

初の著書「教育によって人は変わるのか」

是非ともご覧になって頂ければ幸いです。

 

代表が初出版しました

鈴木です。

今年ももう10月です。
少しずつ涼しくなり過ごしやすい日が続いています。

さて、今回のブログは宣伝です。

タイトルにもあるように代表の三塚が初めて出版しました!
詳しくはこちら
http://www.business-k.co.jp/book.html
購入はこちら
http://store.shopping.yahoo.co.jp/shosekihanbai-ten/z9afpfb6pn.html

全国の書店でも販売しています。

今回三塚が初出版するにあたり、
私も本の校正等に多少なりとも関わらせてもらいました。

改めて感じたのは、言葉とはとてもデリケートなものであるということです。
細かい言い回しや文面によって読み手の印象ががらりと変わってきます。
その点を今回お世話になった東京図書出版様とのやりとりで感じました。

私達も文字ではありませんが言葉を使う仕事をしていますので、
相手にどのように伝わるのかを気をつけていかなければならないと改めて感じました。

鈴木

電車でゆらゆら

お久しぶりです。佐藤です。

北に南に移動している間に、あっという間に10月になりました。

さて、先日東京出張に行った際のこと、

ゆっくり本も読みたいし、急いでもないという理由から、

新宿から宇都宮間を鈍行列車に揺られて仙台に戻ってきました。

新宿から宇都宮まで所要時間は約2時間。

新幹線だったらその数分の1の時間で到着します。

予定通り本を読んでいましたが、途中から興味は本より人間ウオッチングになりました。

疲れた顔で電車に乗るサラリーマン。お客様の愚痴を言い合う社会人2人組

スマホ片手にゲームを楽しむ学生や、ご年配の方など、様々な人が乗ってきます。

そして聞こえてしまう会話の端々に、色んな人の世界が垣間見えました。

 

私の母が、私が実家に帰った時によく言う言葉があります。

それは「デパートに連れて行って」という言葉です。

母は車が運転できないため、帰省すると私をそのように誘います。

「何か買うの?」と聞くと、「いや、無い。人が見たいんだ」と言われます。

何も買わずとも、人を見ているのが楽しいそうです。

何となく母の心境が分かった気がしました。

色んな人に触れることによって、刺激をもらうことが出来る。

それは時に自分の気付きになったりもする。

 

新幹線で目的地まで一直線も良いですが、

時には電車に揺られ、そのような時間も楽しんでみては如何ですか。

案外面白いですよ(*^ー゜)

 

富士山と高山病と私

ご無沙汰してます。吉田です。

先日、2回目の富士登山に行って来ました。

2年前は悪天候のため本八合目で断念。

悔しい思いを晴らすべく、前回と同じ4名で再挑戦となりました。

今回は天気にも恵まれ晴天。

前回本八合目まで登っていたこともあり、気持ちにも余裕がありました。

本八合目のトモエ館に宿泊し、1:30起床、2:00には山頂に向けて出発。

しかし、山頂までの道のりはすでに大渋滞。

沢山のヘッドライトが闇を照らし、山頂への道が浮かび上がる。

立ち止まると寒さが襲いかかり、手足がしびれるほどだ。

高山病になるのではという恐怖心を抱えながら、ひたすら前進。

空が少しずつ明るくなり、日の出の時間が迫る。

御来光とは山頂で見る日の出のこと。

何とか御来光を拝みたいと思い、スピードアップ。

ペースが変わったことで息が上がり、徐々に高山病の症状が現れる。

頭痛、倦怠感、疲労感・・・苦しい

「なぜ人は山に登るのか?」

「なぜ私は山に登るのか?」

そのような問い掛けをしながら

朦朧とした意識の中、登り続ける。

山頂付近に来るとすでに御来光を待つ人だかりが見える。

もうすぐ頂上。

そして、登り切るとほぼ同時に御来光。

歓声が上がる。

万歳三唱の掛け声が聞こえる。

そのような感動的なシーン・・・だが

ここではっきり言っておきたいのは、高山病になるとそれどころではないくらい辛い(笑)

その後、お鉢巡りをして下山することになったが、

下界に降りることをこんなにも渇望したことはなかったと思う。

今回の富士登山は私にとって大変過酷なものでした。

時間とお金を費やして、過酷な体験をすることはある意味理解しがたい。

しかし、過酷な体験をしないと見えてこない世界があることも事実。

私と同じ世界が見える人もいるでしょう。

私とは違う世界が見える人もいるでしょう。

あなたには何が見えるだろうか?

是非、興味のある方は富士登山に挑戦して欲しいと思います。

それでは、また。

ポケモンGO・・・

お世話様です。佐藤です。

世間ではポケモンGOが配信されて早数日経ちました。

先日私がジムに行ったところ、やはり話題はポケモン。

仲良しの「強面」の会員さんからも、

「佐藤さんはポケモンやるの?俺はやっているけど。」

と聞かれ、あまりの驚きに腰から崩れ落ちました。

これだけ社会現象になっているポケモンですが、

一方で事件も様々。不法侵入や交通事故など、連日話題に挙がります。

どうか楽しむのは良いのですが、節度を持って欲しいと思います。

「節度」が日本人の美徳であったかとは思うのですが、

最近それが薄れているように感じられます。

常に誰かが見ている。世間様に後ろ指を指されるようなことはしない事。

いつも親に言われていた言葉ですが、今回の一連の事件で強く感じます。

こういうことを言うようになったのも、年を取ってきた証拠でしょうか。

「いや、そうでは無い!」と言い聞かせている佐藤でした。